脱ステの前に必読!アトピー治療に有効なプロアクティブ療法とは!

アレルギー・健康

はじめに

どうもしゅんです!

アトピー患者ならステロイド系のお薬を処方された事がある方も多いですよね。

効き目は確かに凄いですが、あまり依存したくないなぁと思い調べてみると目に留まる「脱ステ」の文字。

実際どうなのか、脱ステに挑戦してみた経験から詳しくお話しします。

無理は禁物。脱ステは計画的に。

脱ステに一念発起。結果は・・・

Photo by Jukan Tateisi on Unsplash

 

タイトルが消費者金融のテレビCMみたいになってしまいましたが、ほんとに無理は禁物です。

 

脱ステに関する記事をみていると、

「ステロイドは悪」

「リバウンドはステロイドに頼ってしまった罪深き者に与えられし試練」

みたいに書いてあるサイトがありますよね笑

 

僕も実際、そういった記事を読んで脱ステに一念発起。

そして2週間後しっかり地獄をみました。。。

顔や首の至る所から滲出液が出て目も当てられないほどに悪化したのです。

 

失敗の原因は、段階を踏まずにある日突然ステロイド治療をやめた事。

ではどうすれば良かったのでしょうか。

 

プロアクティブ療法って何??

Photo by Caleb Woods on Unsplash

 

脱ステをする際、突然薬をやめてしまうとリバウンドに地獄をみます。(経験談)

そこで有効とされているのが、プロアクティブ療法。

proactive = pro + active

proは「前に」と言う意味を持ち、炎症に先んじて手を打つ療法のことを指します。

 

 

プロアクティブ療法のやり方は??

 

やり方は以下の通りです。

 

プロアクティブ療法のやり方
  1. 1〜2週間、毎日しっかり塗る。かゆくなくなっても塗ることをやめない。
  2. 2週間、1日おき間隔で塗る。
  3. 1週間、週に2回塗る。
  4. 2週間、週に1回塗る
  5. 確実に直ったところでステロイドをやめる。

参照

 

最初の2週間はかゆくなくなってもしっかりと塗り続ける事がポイント!

また、塗る量の目安は塗った部分にティッシュペーパーを一枚貼り付けて落ちない程度の量。

依存しないようにとちょっとずつ塗っていましたが、塗る時はしっかり塗って炎症を抑える事が大事みたいですね!

 

もちろん、保湿は毎日欠かさずする事が大切ですよ!

 

この手順をもとに、プロアクティブ療法カレンダーを作成してみました!ぜひご活用ください◎

 

さいごに

参考にさせてもらったのはこの本!

世界最高のエビデンスでやさしく伝える 最新医学で一番正しい アトピーの治し方 [ 大塚 篤司 ]
created by Rinker
しゅん
質問等あればお気軽に!Instagram/TwitterのDMでも対応しています!