フランス留学に必須⁉︎アポスティーユってなに?〜概要と取得方法〜

VISA関係

はじめに

どうもしゅんです!

いよいよ留学開始月になりましたが全く実感がわきません笑

さて、今回はアポスティーユについてです。

フランスではCAF(住宅補助)などを受ける際に、戸籍謄本(または戸籍抄本)の仏訳したものが必要となります。

仏訳も法定翻訳家にしてもらわないといけないので、かなりめんどくさい…

その上、アポスティーユまで…道のりは長いです。

 

アポスティーユとは

 

アポスティーユとは
アポスティーユとは、日本の官公署、自治体等が発行する公文書に対する外務省の証明のことです。外国での各種手続き(婚姻・離婚・出生、査証取得、会社設立、不動産購入など)のために日本の公文書を提出する必要が生じ、その提出先機関から、外務省の証明を取得するよう求められた場合、また日本にある提出先国の大使館・(総)領事館の領事による認証(=領事認証)取得に際して要求された場合に必要になります。
外務省HP

…難しいわ笑

まあ一言で言うと、アポスティーユを取得すると「この書類は正式な日本の書類ですよ!」と外務省が証明してくれるのです!

ですので、

  1. 戸籍謄本を取得
  2. 外務省でアポスティーユを取得
  3. 法定翻訳家に仏訳してもらう

が一連の流れになります◎

 

取得方法

 

アポスティーユは外務省のみが発行できるものになるので、取得のためには

  1. 窓口で申請して,後日,窓口で受け取る(申請日の翌日(土日祝を除く)午前9時から受け取れます)。
  2. 窓口で申請して,後日,郵便で受け取る(申請日の約2~3日後(土日祝を除く)に受け取れます)。
  3. 郵便で申請して,後日,郵便で受け取る(申請(発送)から受領までは約10日~2週間です)。

の3つしか方法はありません。

窓口は東京にある外務本省と大阪分室の2箇所です。

幸い僕は奈良に住んでいるので、外務省大阪分室に行ってきました!

申請時の持ち物は

  • 戸籍謄本
  • 申請書(申請書類ダウンロード
  • 身分証明書
  • 返送先を記入した封筒(切手貼付),レターパックなど(郵送での受領希望のみ)

です◎

 

外務省大阪分室の場所

 

外務省大阪分室は谷町4丁目駅5番出口降りてすぐの場所にあります!

申請自体は5分もかからずに終了しました!

 

さいごに

今回は時間があまり無かったので郵送返却はやめましたが、もし時間に余裕がある方は郵送申請・返却が圧倒的に楽なので、そちらをお勧めします◎

法定翻訳のやり方はまた次回!

しゅん
質問等あればお気軽に!Instagram/TwitterのDMでも対応しています!